FC2ブログ

引越し会社の見積もり

前回、仮住まいへの荷物の搬出が終了しました

よって、旧宅の荷物が少し減りました


その減った状態で、各引っ越し会社に見積もり依頼にチャレンジ

とりあえずネット検索して一括見積もりを申し込み


検索で上位に引っ掛かった「引越し侍」というサイトを使ってみました

個人情報もばっちり入力の必要があったので案の定、直後から電話がたくさん。。。


安全志向なので、大手の会社に絞って考えようというのがオットの意見

全国展開している3社に実際に旧宅に来て運び出す荷物を見てもらいました



ついでに、ネットで引越し料金の目安も調べておきました

自分で荷物の量を入力し、現在地と引っ越し先の都道府県を入力すると金額が出るというもの


これは個人情報とかの入力ナシなので気軽なヤツ

この価格を頭に入れて各社の訪問見積もりに挑みます!!!



訪問見積もりの結果、、、、

各社の荷物量の判定はほぼ同一で10tロングトラック1台の量でした


アートさんが一番お高く、一番安いのはアリさんでした

サカイさんがアリさんとほぼ同額ですがちょい高め、でも保険料コミコミ


悩んだ結果、サカイさんに依頼しました



保障のお話をきちんとしていただけ、かつ値段も頑張っていただけたということが理由です



わが家が引っ越し料金を少しでも抑えるためにしたことをご紹介


1、繁忙期を避ける

3月~4月は引っ越しシーズンです
引っ越し屋さんも大忙しです
希望の日に予約をとることすら難しい
その時期をすこしでも避けるために5月頭という日に引っ越しを行いました



2、引っ越し時間を午後にする

午前中の引っ越しは値段がお高いです
依頼が集中するからだと思います
わが家は午後の時間指定無しでお願いしました
時間指定無しとはいえ、大体の目安は事前に教えてくれるし、当日に実際に何時になるかの連絡もいただけました
引っ越し先が遠すぎて到着が深夜になるような距離の方は出来ませんが、数時間の距離なら全然アリです



3、梱包は自分たちで!

梱包のおまかせサービス、荷づくりサービスといったものの利用は一切無し
すべて自分たちでの梱包です

いただいた段ボールに荷物を詰め込みます
何を入れたか、開ける優先度(すぐに必要かどうか)、新居のどの部屋に運び入れるか
このような情報を段ボールに書いておくと、搬入の指示出しや片づけがスムーズです

もらった段ボールでは不足したので、スーパーに段ボールもらいにいったりもしました
まぁ、面倒な作業ですが、節約です

梱包は自分たちとはいえ、大型家具や精密家電が傷つかないようにするための毛布をかぶせたりはしてもらえます



4、トラックに入るだけで残ってもOK

2トンロングトラックで運べるだけ運んで、仮に残った荷物があってもOKという条件でさらに値引きしてもらいました
自家用車でもある程度は運び込めるだろうし、おそらくほとんど残らないだろいうという業者さんの感覚を信じました!!



5、ネットでシュミュレーション

ネットで、荷物の量を入力し、簡単に費用の目安を知っておく
オットとツマで○○万以下にしてくれたところに依頼しよう!!を事前に打ち合わせも出来ました

引っ越し屋さんの提示金額からの値引き値下げ交渉がスムーズでした

最終的な見積金額は、事前のネットシミュレーションの最安値よりは高かったですが平均以下の金額でした





平日に引っ越しをすればさらに節約にはなるとは思います
でも仕事の都合もあり、そこは無理でした


引っ越しの手配も無事に終了し一安心です


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村


仮住まいへの荷物搬入

引き渡し時の内覧会がやっと終了しました!


完成後、引き渡しは4月中旬ごろ


ただ、子供の保育園を年度途中の入所はとうてい空きが見込めないということで4月入所で申し込み

無事に保育園(幼稚園のこども園)も第2希望ながら決定しました!


というわけで、家がまだ完成していなくても4月には新しい土地での生活スタートです



引き渡しまでの仮住まいは悩んだ結果・・・


妻の実家に1カ月居候させてもらえることになりました

とりあえず身の回りの物だけを妻実家に持っていかなくてはなりません

その後引き渡しを済ませて、長期休みの5月GWに念願のマイホームへ本格引っ越しという計画です


つまり、、、

    3月末  身の回りのもの持ち出し

    4月頭  妻実家での生活開始

    4月中旬  マイホーム引き渡し

    5月GW  マイホームへ引越し
          旧宅の片づけ&引き払い



身の回りの持ち出し品での重要な荷物


それは電動自転車!!!

保育園の送迎には不可欠です



でも、どうやって自転車運べばよいのだろう。。。


自転車の宅配便にするか、引っ越し業者に依頼するか色々調べてみました


結果、レンタカーで自分たちで運ぶのが一番お手軽でした


商業用仕様(後部座席が無いタイプ)のハイエースを借りて、プチ引っ越し

旦那が旧宅~妻実家を3往復してくれました!!


そのおかげで身の回り品プラスアルファの荷物の搬入に成功です


仮住まいではありますが新しい土地での生活スタートです


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村


引き渡し(完成時)内覧会 その7 寝室と子供部屋

さて、引き渡しの内覧会もラストです!!


ラストは寝室と子供部屋



まずは寝室

P1070268.jpg


寝るの為の部屋!ということで、シック?ダーク?な雰囲気にしています

フローリングもホールとは変えています

ホールはブラックチェリーに対して、寝室はウォールナット

濃い目のフローリングです


布団からの埃が目立ちそう!笑!!



しかし、アクセントクロスがかなり良い感じ!!!

型番などは、2Fのクロス寝室とトイレの紹介


部屋をぐっとシックにしてくれてます


寝室には定番のウォークインクローゼット

323.jpg


詳細は過去記事を見てください!!

ウォークインクローゼットの仕様詳細


入り口からみるとせまく見えますが、入ってみると広々サイズ

でも、モノを入れるとすぐにいっぱいになるのでしょうか??

クローゼット内に情報分電盤がついています

325.jpg


ここから各部屋にLANを飛ばすわけです

さて、この場所から無線LAN飛ばして家じゅうをカバーできるでしょうか?!

中継器などが必要になるでしょうか???




ラストは子供部屋


ただただシンプルな子供部屋

P1070262.jpg


家を外から見たときにアクセントとなるように細長い窓がついています

P1070261.jpg


クローゼットは定番のもの



前回も引用した過去記事に詳細は書いています
2階ホールの収納



2部屋に将来的に分けられるようにドアとクローゼットは二つです


アクセントクロスの詳細は、、、
2Fのクロスは(も?)シンプルに

338.jpg


可愛いけど白色がベースな為か、広い面積でみるとけっこうシンプルです

男子のアクセントクロスは選ぶのが難しかった。。。




以上でわが家の引き渡し時の内覧会は終了です

その後、生活を始めた現状の内覧会予定は。。。
未定です!!


なんせもう2年経っていますので笑


でも、少しずつは使い方の工夫なども紹介していけたら良いなぁと思っています


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

引き渡し(完成時)内覧会 その6 2Fホール&トイレ


内覧会の続きです

やっと2Fのご紹介です



といっても2Fはとてもシンプル

2Fのフローリングは標準のナチュラルテイストフロアです

過去記事は「2Fのフローリングは減額対象」です


リビング内のストレート階段を上った先はホールとなっていて多目的スペース

各部屋に続く廊下というものを極力排除したかったのです



ちなみに階段の部分は小さいながらに吹き抜けです

P1070255.jpg


収納などの詳細は以前の記事

「2階ホールの収納」がわかりやすいかと思います


他にも2Fに関連する内容としては。。。

「2Fのトイレの場所」

「2Fのクロス寝室とトイレの紹介」

「トイレの収納量ってどの程度が理想でしょう」

この辺りでしょうか?




ワイズ収納のお隣が2Fのトイレです

330.jpg


1Fと違って2Fはタンクありの標準です

TOTOのものです

背面収納と手すり&紙巻きも標準

ほんとに良く見かける積水ハウス仕様となっています


アクセントクロスはさりげない凹凸があるもの

331.jpg


このトイレ、現在は東側に遮る建物が無い為にものすごく明るいトイレになりました

天井までの壁面収納エスパースはこんな感じ

344.jpg


存在感たっぷり!!


内覧会、残すは2Fの子供部屋と寝室です!!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

プロフィール

aki

Author:aki
家を建てる!!
やっと現実のものとなりそうです
悩みに悩んだ日々、これからの新生活のことを書いていきます

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサーリンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ranking